卒業式 答辞

0

    答辞

      校庭の桜の蕾も日差しの中で次第に色づき始め、開花を待つ命の鼓動を感じる今日の良き日に、このように厳粛な卒業式を挙行していただき、卒業生を代表して心より御礼申し上げます。

     つい先日のように思い出される三年前の春。真新しい制服に身を包み、不安と期待でいっぱいの高校生活がスタートしました。入学当初は、新しく増える仲間と仲良くできるか不安でたまりませんでした。しかし、体育や選択教科、部活動などを通して触れあう中で自然と会話も弾むようになり、今ではかけがえのない友情を築き上げることができています。

     あっという間に一年が過ぎ二年生。学校の中心的な役割を担うようになった中での文化祭は、一年生の時よりも一層積極的に取り組みました。私は生徒会長として、限られた準備期間の中でどのように運営を進めていけば宇土校生全員が思いを共有し活動できるのか悩みました。そんな私を励ましてくれたり、協力してくれたりする宇土校生の存在に元気づけられ、文化祭直前まで粛々と準備を行いました。当日は、多くの方に来校していただき、宇土校生だけでなく保護者の方や地域の方々もステージ発表を楽しそうに見ていらっしゃり、苦労が一気に吹き飛びました。食品バザーも大盛況で、宇土校生全員で文化祭を成功に導いたという達成感を味わうことができました。そして高校生活で最も思い出深い修学旅行。福島での研修やみんなで行った国会議事堂、スカイツリー。どれも貴重な経験でしたが、バスでの移動中やホテルでの食事中にかわされる何気ない会話の中で、友だちの新たな一面を発見し、親睦を深めることができたことが何よりの思い出です。

     高校生活最後の年、三年生。自分たちが主体となる最後の学校行事である体育祭は、令和最初の体育祭となるため、新時代の幕開けにふさわしいものにしようと意気込みました。伝統を受け継ぎながらも新しい風を吹き込みたいと生徒会執行部のみんなと夜遅くまで議論し、宇土高生全員にアンケートを実施しました。そのアンケートを分析し、昨年度刷新されたプログラムをさらに改善したことで、体育祭本番では、今まで以上の一体感からくる、全生徒の、そして生徒を温かく見守る保護者や地域の方々の喜びや充実感を肌で感じることができました。その後に実施されたクラスマッチでは、三年間で初めて天候に恵まれ、サッカーを楽しむことができました。みんなが笑顔で「楽しかったよ」と言ってくれ、仲間とともに生徒会長としての仕事を全うできたことへの喜びがこみ上げてきました。

     こうして振り返ると、この三年間で私は、仲間を持つことからくる心地よい責任の重さを体得できたよう気がします。自分一人では何もできず無力感に苛まれていたとき、そのような自分を励まし協力してくれる仲間がいました。そのため「もっとできるはずだ」という責任感が湧き上がり、頑張ることができました。その積み重ねにより仲間を信じ、自分の可能性も信じることができました。受験勉強は大変きつかったのですが、仲間と互いに前向きになれる言葉をかけあうことで、楽しみながら乗り越えることもできました。こうした日々をともにしたからこそ、合格した仲間が出るたびに、みんな自分のことのように喜んでいたのだと思います。

      たくさんの人との出会いがあり、その方々に見守られた三年間。

     先生方。今まで私たちに御指導いただきありがとうございました。質問に行くと、理解するまで何度も説明してくださるだけでなく、追加問題も用意してくださる先生。いつも元気に教室に来て授業をしてくださる先生。私たちのちょっとした変化に気づき、さりげなく声をかけてくださる先生。社会に出る私たちに人としての在り方を示唆してくださる先生。先生方は、私たちのことを考え、最後まで寄り添ってくださいました。先生方には感謝の気持ちしかありません。本当に三年間、ありがとうございました。

     在校生の皆さん。今まで私たち三年生についてきていただき、ありがとうございました。私たちは、今日、先輩方から受け継いできたこの宇土高校をみなさんに託します。皆さんの力で、宇土高校の伝統をさらによいものへと高めていってください。皆さんの活躍を期待しています。

     第一の理解者であったお父さん、お母さん。いつも仕事に対する思いを熱く語ってくれるお父さん。お父さんの話を聞くたびに、自分も誇りを持って仕事をする大人になるために何事も頑張ろうと、前向きな気持ちになれました。毎日お弁当を作ってくれたお母さん。言葉として発していないのに、自分が食べたいものが夕食に出てくるときが度々ありました。その温かいお母さんの励ましは、私を何度も勇気づけてくれました。本当に今までありがとうございました。立派になったねと言ってもらえるよう頑張っていきますので、これからも見守ってください。

     そして一番身近にいて支えてくれた卒業生の皆さん。みんながそばにいてくれたおかげで目の前に立ちはだかるいくつもの壁を乗り越えることができました。卒業後は離れ離れになりますが、再会できる日を信じて新しい一歩を踏み出し、自己の可能性に挑戦していきましょう。

     仲間とともに築き上げた宇土高校。青春を謳歌し、毎日懸命に過ごした宇土高生活。名残り惜しいですが、お別れの時がきたようです。宇高健児の誇りを胸に、この先もたゆまぬ努力を続けてまいります。

     最後になりましたが、宇土高校のますますの発展を祈念し、答辞とさせていただきます。

     

    令和二年三月一日  

     熊本県立宇土高等学校 卒業生総代  平井   


    卒業式 送辞

    0

      送辞

       冬の寒さも和らぎ始め、陽の光や吹く風の暖かさに春の気配が感じられる今日の佳き日。卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。在校生一同、心よりお祝い申し上げます。

       先輩方が宇土高校に入学されてから3年が経ちました。この3年間の高校生活は、あっという間に過ぎ去ったと感じておられる方もいらっしゃるかと思いますが、思い返してみると、そこには数々の思い出があり、一日一日を大切に、充実した学校生活を過ごされた3年間ではなかったかと思います。

       体育祭では、実行委員長の田口先輩と生徒会長の平井先輩を中心に、「紫電一閃」のテーマのもと、心に残る体育祭にするために、私たちを熱心にリードしていただき、大成功を収めることができました。あのとき集結した宇土中高生のパワーは、まさに、新しい「令和」の時代へと突き進むパワーになったと感じました。赤団松藤先輩、青団荒木先輩、黄団金山先輩を中心に行われた応援演舞。各団の一糸乱れぬ迫力に圧倒されました。また、クラスや学年の垣根を越えて、短時間で取り組んだマスゲームでは、先輩方の気合いの入った掛け声のお陰で、全校生徒が一丸となり、熱く盛り上がることができました。そして、何より、先輩方の真剣にかつ大いに楽しんで競技に挑む姿は、とてもキラキラしていて、私たちを大きく感動させるものでした。

       また、部活動やSSHの課題研究など、全国に活躍の場を広げられた先輩方の姿は、私たち後輩にとっての憧れであり、質実剛健の精神のもと、文武両道を目指している私たち宇土高生の誇りでもありました。

       そんな先輩方も、これから、それぞれの夢へと続く道の第一歩を踏み出して行かれます。その道は決して平坦なものではないことでしょう。今、日本そして世界は、新たな社会の姿へ大きく変革する時期にあります。経済のグローバル化による国際的な競争の激化、地球温暖化や少子高齢化社会など、これらに伴う問題の解決は非常に困難なものになってきています。そのような中で経済発展と社会的課題の解決を両立する社会「Society5.0」が提唱されています。希望の持てる社会、世代を超えて互いに尊重し合える社会、一人ひとりが快適で活躍できる社会の実現に向け、私たちの世代がリードしていかなければなりません。そして、それは、みんなにとって新しく、未知の社会となります。しかし、先輩方は、宇土高校で培った「ロジックの力」を糧にし、ここで巡りあった先生方や仲間との絆を味方にし、どんな困難をも乗り越えて、輝かしい未来を切り開いて行かれることと信じています。

       本日は、新型コロナウイルス対策のため、在校生は私ひとりではありますが、在校生一同、先輩方が大切にしてこられた伝統をしっかりと受け継ぎ、来たる百周年に向けて、さらに躍進していくことをここに約束します。

       いよいよお別れの時が参りました。最後になりましたが、先輩方のご健康と今後のますますのご活躍を心からお祈りし、送辞とさせていただきます。

       

      令和二年三月一日 

      熊本県立宇土中学校・宇土高等学校 在校生総代 野村

       

       


      同窓会入会式

      0
        2月29日(土)
         同窓会会長の大塚様に入会の祝辞をいただき、
        同窓会入会式を実施することができました。
         今はまだ実感がわかないかもしれないですが、
        各地に宇土の同窓生がおられ、活躍されています。
        社会に出ると人とのつながりがありがたいものです。
        同窓会はとても温かなつながりです。
        是非同窓の絆を大切に、縦横のつながりを持って下さい。
        といったお話や、高校卒業後のご自身の生き方について
        貴重な体験談を披露して下さいました。
        高校までが人生のすべてではありません。
        卒業後も様々な出会いや努力を糧に、より成長し続けて欲しいと
        エールをいただきました。
        また、同窓会の学年代表の紹介がありました。
        これから同窓の核となり、どうぞよろしくお願いします。
        皆さんも学年代表に力添えを下さい。
         

        高校 表彰式

        0
           2月29日(土)
           高校卒業の前日に
           三年間の集大成となる表彰式が行われました。
            
           がんばる高校生表彰/高文連優秀芸術文化賞
           高文連文化功労賞/熊本県高等学校体育連盟賞
           熊本県野球連盟表彰優秀選手/熊本県高等学校保健会賞
           熊本県高教研図書館部会賞
           三か年皆勤表彰/一か年皆勤表彰
             皆さんの取り組みは本当に素晴らしいものでした。
           一朝一夕でできることではありません。
           日々の取り組みに敬意を表します。
           受賞、皆勤表彰おめでとうございました。

          高校 表彰式

          0
            2月29日(土)
             高校卒業の前日に
             三年間の集大成となる表彰式が行われました。
             同窓会賞/功労賞/善行賞
             
             一宇賞/森本賞/萩原賞/寺本賞
             
             
               皆さんの取り組みは本当に素晴らしいものでした。
             一朝一夕でできることではありません。
             日々の取り組みに敬意を表します。
             受賞おめでとうございました。
             

            卒業式に向けて(華道部)

            0

              2月29日(土)、華道部が卒業式に向けて花を生け、準備をしました。校長室・玄関を始め、3年生の各クラス・廊下・階段・トイレなど、全部で17杯を作りました。途中から3年生も手伝ってくれ、ALTの先生お2人はトイレの小さな花を担当してくださいました。3年生の卒業を祝い、華道部の生徒と職員が心を込めて生けました。

               


              高校卒業の前日

              0
                2月29日(土)
                 
                 明日はいよいよ宇土高校の卒業式です。
                 在校生、職員で心づくしの会場設営をしました。
                 保護者入場は9時から45分までとなっております。
                 東側の第二体育館が受付会場、西側の第一体育館が式場です。
                 卒業生は9時55分入場予定です。
                 頑張り屋さんの多い三年生の卒業の門出に合わせて
                 会場には、ゆかりの方々から、祝詞祝電も届いております。
                 保護者の皆様とともに高校からの巣立ちを祝いましょう。
                 ご来場をお待ちしております。

                城南駅伝、男女アベック優勝!

                0

                  image0.jpeg
                  2月1日に、人吉球磨において、城南駅伝大会が開催されました。

                  男女ともにアベック優勝でした。

                  たくさんの応援ありがとうございました。


                  福は内

                  0


                    2月3日(月

                     節分に合わせて、中学2年生の美術の授業で、鬼の面作りをしました。
                    怖い鬼、かわいい鬼、優しい鬼、おもしろい鬼。いろんな鬼が勢揃いです。
                     あなたにとっての「鬼」はどんな鬼かな?
                     季節の分かれ目、節分に鬼さんたちが厄災を引き取ってくれましたよ
                     安心していいんだよ。福は内。




                    副実像研究がNHK出版本に掲載されました!

                    3
                    image0.jpeg
                    NHK「ろんぶ〜ん」が先日1/31に出版化されました。昨年放送された34の論文のうち特に好評だった12本がストーリー構成で掲載されています。12ページに渡って宇土高校の研究も紹介されています!
                    https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784140818060

                    << | 11/525PAGES | >>

                    calendar

                    S M T W T F S
                        123
                    45678910
                    11121314151617
                    18192021222324
                    25262728293031
                    << October 2020 >>

                    selected entries

                    categories

                    profile

                    本サイト検索

                    (AND検索は半角スペースを挟む)
                    アクセス数(2016年度〜)
                    アクセスカウンター
                    アクセスカウンター
                    アクセスカウンター
                    ブランド買取紹介サイト***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    archives