ロジックプログラム供塀仭姐峙繊11

0

    山口大学 大学教育機構 大学教育センター 教授 小川 勤 先生「子供の貧困と学力問題」

    SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭 全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。 生徒は16講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。 自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、 2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています。


    ロジックプログラム供塀仭姐峙繊12

    0

      長崎県立大学経営学部経営学科 教授 代田 義勝 先生 「スウェーデンはどのように福祉社会を作り上げているのか」

      SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭 全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。 生徒は16講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。 自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、 2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています。


      ロジックプログラム供塀仭姐峙繊13

      0

        熊本大学文学部総合人間学科 教授 鹿嶋 洋 先生「災害と地理学」

        SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭 全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。 生徒は16講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。 自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、 2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています。


        ロジックプログラム供塀仭姐峙繊14

        0

          鹿児島大学法文学部

          教授 藤内 哲也 先生

          「描かれた外来者絵画からよみとる都市の国際性

           

          SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭
          全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。
          生徒は16講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。
          自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、
          2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、
          1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています。

          ロジックプログラム供塀仭姐峙繊15

          0

            熊本大学教育学部 准教授 山本 耕三 先生 「受験生がつくる地域間の結び付き」

            SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

             

            全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

             

            生徒は16講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

             

            自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、

             

            2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、

             

            1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています。

             


            ロジックプログラム供塀仭姐峙繊16

            0
              九州大学芸術工学部 准教授 伊藤 浩史 先生による講義 「生命とはなにか?〜数学を使った生物学のススメ〜」

              SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭 全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。 生徒は16講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。 自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、 2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています。

              宇土未来探究講座検〔ね菎慮崖惱(県内先端企業訪問) 日本合成化学

              0

                 

                 今回の未来体験学習は『日本合成化学工業』にお邪魔しました。31名という大勢での訪問でしたが非常に丁寧に対応していただきました。内容についても「会社説明」、「工場見学」、「実験」等、生徒たちが興味を持ちやすいよう工夫を凝らして実施していただきました。彼らにとって、とても貴重な体験となったようです。

                 今回は坂本様を始め大変多くの方に対応していただきました。この場を借りて御礼申し上げます。


                宇土未来探究講座検遡ね菎慮崖惱(県内先端企業訪問)JNC株式会社水俣製造所

                0

                  7月24日(火)宇土未来探究講座検遡ね菎慮崖惱(県内先端企業訪問)で私たち(生徒27名・教師1名)は水俣市にあるJNC株式会社水俣製造所様を訪問しました。まず、事業所で会社説明を受けました。JNC株式会社水俣製造所様は液晶や有機EL材料、ファインケミカル製品、シリコンケミカル製品、ライフケミカル製品等のバラエティーに富んだ製品の製造や水力発電やソーラー発電などのエネルギー部門を主に手がけています。特に液晶ディスプレイのシェアは世界2位ということが印象に残りました。また担当者の方からは水俣病についてもお話がありました。日本の高度成長を技術とものづくりで支えるなかで、企業として大きな過ちを犯してしまった責任についての説明は心に響きました。「絶対に同じ過ちは繰り返さないこと」「社員一人ひとりが環境や安全面に意識を高く持つこと」というものづくりの姿勢、そしてその先にある地域社会に大きく貢献し「よろこびを化学する」という姿勢が現在のJNCという先端化学企業なのだということを学ぶことができました。会社説明の後は、工場をバスに乗りながら案内していただきました。最後は事業所の前で担当者の方と記念撮影を行いました。お忙しい中、宇土高校のために時間を割いていただき、JNC株式会社水俣製造所様におかれましては心からの感謝を申し上げます。ありがとうございました。


                  未来体験学習(県内先端企業訪問)カネリョウ海藻株式会社

                  0

                    未来体験学習(県内先端企業訪問)で、高校1年生19名がカネリョウ海藻株式会社を訪問し、もずくの工場見学、会社見学、会社の概要説明、試食等を体験させていただきました。工場に入るときには、髪の毛等の遺物が入らないように何重にもポイントがあり、異物混入防止、安全品質に徹底して取り組まれていることが分かりました。また、様々な商品を開発されており、その一部を試食させていただき、その美味しさに生徒たちは大喜びでした。多くの素晴らしい取組をされている様子や商品に対する姿勢などから多くのことを学ぶことができました。お忙しい中にご対応いただき、ありがとうございました。


                    SSH事業 第1学年 未来体験学習 平田機工株式会社訪問

                    0

                      高校第1学年SSH未来体験学習(県内先端企業訪問)で、平田機工株式会社を訪問させていただきました。


                      まず、熊本本社にてスライドを使っての説明がありました。

                      キャリアの8割は偶然に支配されるというブランド・ハップスタン理論を導入に、生徒たちが今後の進路や就職において必要となる経験やものについて話してくださいました。また、自動車関連や半導体関連など、世界トップクラスのメーカーの生産設備を最先端の技術を駆使し、開発・提供する平田機工さんの事業内容について分かりやすく説明していただきました。そして、身近な製品は多数の企業が関わりあって、私たちの手元に届くことを、IoT(モノのインターネット)を関連づけて説明していただきました。

                       

                      次に、併設してある熊本工場内を見学しました。

                      実際の部品を見ながら、これらが繊細な作業によって作れるかを解説してもらいました。また、自分たちの何十倍もある大きな機械が、狂いなくスムーズに動く様子はすごかったです。

                      そして、熊本東工場へバスで移動して、自動車関連生産設備を見学させていただきました。

                      見学者用の機械で内部の様子や動きの繊細さを間近に見ることができました。また、2名の職員さんが案内をしてくださり、個別の質問に対して、生徒たち一人ひとりにとても丁寧に回答・説明をしてくださいました。

                       

                      訪問にあたり、平田機工の関係者のみなさまには、大変ご丁寧な対応やお心遣いをいただき誠にありがとうございました。

                      今日、経験したことを、今後の進路や学び、学校生活に繋げていきたいと思います。

                      本日はお忙しい中、お時間を割いていただき本当にありがとうございました。


                      << | 2/92PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      profile

                      本サイト検索

                      (AND検索は半角スペースを挟む)
                      アクセス数(2016年度〜)
                      アクセスカウンター
                      アクセスカウンター
                      アクセスカウンター
                      ブランド買取紹介サイト***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      archives