卒業式 送辞

0

    送辞

     冬の寒さも和らぎ始め、陽の光や吹く風の暖かさに春の気配が感じられる今日の佳き日。卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。在校生一同、心よりお祝い申し上げます。

     先輩方が宇土高校に入学されてから3年が経ちました。この3年間の高校生活は、あっという間に過ぎ去ったと感じておられる方もいらっしゃるかと思いますが、思い返してみると、そこには数々の思い出があり、一日一日を大切に、充実した学校生活を過ごされた3年間ではなかったかと思います。

     体育祭では、実行委員長の田口先輩と生徒会長の平井先輩を中心に、「紫電一閃」のテーマのもと、心に残る体育祭にするために、私たちを熱心にリードしていただき、大成功を収めることができました。あのとき集結した宇土中高生のパワーは、まさに、新しい「令和」の時代へと突き進むパワーになったと感じました。赤団松藤先輩、青団荒木先輩、黄団金山先輩を中心に行われた応援演舞。各団の一糸乱れぬ迫力に圧倒されました。また、クラスや学年の垣根を越えて、短時間で取り組んだマスゲームでは、先輩方の気合いの入った掛け声のお陰で、全校生徒が一丸となり、熱く盛り上がることができました。そして、何より、先輩方の真剣にかつ大いに楽しんで競技に挑む姿は、とてもキラキラしていて、私たちを大きく感動させるものでした。

     また、部活動やSSHの課題研究など、全国に活躍の場を広げられた先輩方の姿は、私たち後輩にとっての憧れであり、質実剛健の精神のもと、文武両道を目指している私たち宇土高生の誇りでもありました。

     そんな先輩方も、これから、それぞれの夢へと続く道の第一歩を踏み出して行かれます。その道は決して平坦なものではないことでしょう。今、日本そして世界は、新たな社会の姿へ大きく変革する時期にあります。経済のグローバル化による国際的な競争の激化、地球温暖化や少子高齢化社会など、これらに伴う問題の解決は非常に困難なものになってきています。そのような中で経済発展と社会的課題の解決を両立する社会「Society5.0」が提唱されています。希望の持てる社会、世代を超えて互いに尊重し合える社会、一人ひとりが快適で活躍できる社会の実現に向け、私たちの世代がリードしていかなければなりません。そして、それは、みんなにとって新しく、未知の社会となります。しかし、先輩方は、宇土高校で培った「ロジックの力」を糧にし、ここで巡りあった先生方や仲間との絆を味方にし、どんな困難をも乗り越えて、輝かしい未来を切り開いて行かれることと信じています。

     本日は、新型コロナウイルス対策のため、在校生は私ひとりではありますが、在校生一同、先輩方が大切にしてこられた伝統をしっかりと受け継ぎ、来たる百周年に向けて、さらに躍進していくことをここに約束します。

     いよいよお別れの時が参りました。最後になりましたが、先輩方のご健康と今後のますますのご活躍を心からお祈りし、送辞とさせていただきます。

     

    令和二年三月一日 

    熊本県立宇土中学校・宇土高等学校 在校生総代 野村

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    selected entries

    categories

    recent comment

    profile

    本サイト検索

    (AND検索は半角スペースを挟む)
    アクセス数(2016年度〜)
    アクセスカウンター
    アクセスカウンター
    アクセスカウンター
    ブランド買取紹介サイト***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

    others

    mobile

    qrcode

    archives