美術と物理の教科横断型・産学官連携型の探究型授業、2019夢の架け橋プロジェクトが今年も盛会に終わりました!

0
    pepaburi.JPG
    「夢の架け橋プロジェクト」とは、地震を経験した中学生が、美術の授業の時間に、”橋”や”地域デザイン”について考え、各クラス7班に分かれてケント紙で1/100スケールの橋(長さ30cm)のオリジナルの橋を完成させるというもので、今年は全15時間で学びました。
    最終回(13〜15校時目)のペーパーブリッジコンテスト当日(11月29日)は、橋に込めた思いをプレゼンし、その後、実際にどこまでおもりに耐えられるかを14班一斉に競いました。コンテスト後は、ツタワルドボク・土木技術者の片山さんから、デザインや強度だけではなく、熊本の地震からの復興、インフラの重要性についてもお話いただき、中学生や高校生にとっては心にも記憶にも残る貴重な時間となりました。

     なお総合優勝に輝いたのは、中学3年1組7班「千結亜彩七橋(チユアーナ橋)」(370点)でした。紙の重さに合わせてコストも設定されているため、デザイン・強度はもちろんのこと、軽さ(経費)など橋づくりに必要な知識や綿密な計画によって、優勝を勝ち取りました。2位は2組7班「OKOSHIKI WAVE Bridge」、3位は2組6班「KUMAMOTO BRIDGE」でした。また、特別賞として、最強ブリッジ賞を受賞したのは優勝チーム「千結亜彩七橋(チユアーナ橋)」で、最高プレゼン賞は1組3班「くまくまブリッジ」、軽量化賞は3位の「KUMAMOTO BRIDGE」でした。受賞されたチームのみなさん、おめでとうございます!

     熊本地震の年にスタートした夢の架け橋プロジェクトですが、大人と大人がつながり、子どもと大人がつながり、地域と専門家が繋がるようになりました。皆様のおかげを持ちまして、地域と共創する授業を通して子供たちの成長を大きく感じられる授業ができるようになりました。一般社団法人ツタワルドボク様をはじめ、熊本大学・九州大学など多くの方々に重ねて御礼申し上げます。


    これまでの1〜12校時の様子は、
    https://sh.higo.ed.jp/utosh/宇土中特集ページ
    に掲載しています。

    この日の様子が熊日新聞朝刊に掲載(2019.11.30)されました。また、テレビ(2019.12.5KKT;テレビタミン)でも放送されることが決定しました。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    recent comment

    profile

    本サイト検索

    (AND検索は半角スペースを挟む)
    アクセス数(2016年度〜)
    アクセスカウンター
    アクセスカウンター
    アクセスカウンター
    ブランド買取紹介サイト***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

    others

    mobile

    qrcode

    archives