ロジックプログラム供塀仭姐峙繊9

0

    福岡県立大学人間社会学部

    准教授 井上  奈美子 先生

    「女性管理職育成、働き方改革」

    SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

    全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

    生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

    自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


    ロジックプログラム供塀仭姐峙繊10

    0

      山口大学人文学部欧米言語文学講座 

      教授 武本 雅嗣 先生

      「英語の単純化・特殊化について―比較言語学・対照言語学の見地から―」

       

      SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

      全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

      生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

      自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


      ロジックプログラム供塀仭姐峙繊11

      0

        下関市立大学経済学部公共マネジメント学科

        教授 桐原 隆弘 先生

        「都市景観と公共性〜ドイツと日本の事例から考える」

         

        SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

        全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

        生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

        自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


        ロジックプログラム供塀仭姐峙繊12

        0

          山陽小野田市立山口東京理科大学

          准教授 亀田 真澄 先生

          「VR、AR そして MR 教材による論理的思考力の育成」

           

          SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

          全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

          生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

          自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


          ロジックプログラム供塀仭姐峙繊13

          0

            鹿児島大学法文学部

            准教授  横山 春彦  先生

            「身近なものから心理学を学ぶ」

             

            SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

            全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

            生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

            自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


            ロジックプログラム供塀仭姐峙繊14

            0

              熊本大学教育学部

              准教授 跡上 史郎 先生

              「宮崎駿が愛読する夏目漱石」

               

              SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

              全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

              生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

              自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


              ロジックプログラム供塀仭姐峙繊15

              0

                九州大学芸術工学部

                助教 元村 祐貴 先生

                「眠りを科学する〜睡眠負債、溜まってませんか?〜」

                SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

                全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

                生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

                自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


                2年SS課題研究「幹細胞」

                0

                  熊本大学大学院生命科学研究部で「幹細胞」の課題研究を進めました

                   

                  理化学研究所・バイオリソースセンターから届いた細胞が多能性を獲得するか検証する実験

                   

                  クリーンベンチ内での無菌操作と細胞の様子を観察する様子。

                   

                  誰も検証されていない未知な事象に挑む研究。

                  どのような結果が得られるか楽しみです


                  高校一年生ロジックリサーチ クラスポスターセッション2日目

                  0

                    先週に引き続きクラス毎のポスターセッションを行いました。

                    生徒たちは夏休み前から各自のテーマを設定し、スクリーン投影して発表を行いました。

                    その内容は科学の分野にとどまらず、経済や芸術、スポーツにいたるまで幅広く、興味深いものでした。

                     

                     
                     


                    未来科学Lab エネルギーの変換を調べる

                    0

                      P {margin-top:0;margin-bottom:0;}
                      9月14日(土)1,2限

                      今日は、課題解決問題2「エネルギーの変換を調べる」
                      探究の問い
                      “庄澆離譟璽襪如球の放す高さとかけあがる最高点の関係を調べる
                      直線の滑り台で、球の放す高さと最下点到達点までの時間の関係を調べる
                      に取り組みました。
                      仮説を立てることの意義や、測定の信頼性を示すための相対誤差や標準誤差についても学びながら探究しました。

                      << | 2/103PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      recent comment

                      profile

                      本サイト検索

                      (AND検索は半角スペースを挟む)
                      アクセス数(2016年度〜)
                      アクセスカウンター
                      アクセスカウンター
                      アクセスカウンター
                      ブランド買取紹介サイト***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      archives