高校1年生ロジックリサーチ クラスポスターセッション 第1回目

0

    P {margin-top:0;margin-bottom:0;}

    教室のスクリーンにポスターを投影し、

    クラス毎にポスターセッションを行いました。
    夏休み前から各自のテーマを設定し、

    今年度は新しい試みとしてGoogle

    Classroom を活用してレポートと

    ポスターを作成しました。
    科学分野はもちろん、芸術やスポーツ、

    哲学にいたるまで広く興味深いものでした。
    2回クラスポスターセッションは中間考査後の

    10月5日を予定しています。



    【探究の問い】台風10号で予想される破壊的な「台風の風速70m/s」とは、どれだけの力なのか?(物理的計算)

    0
      今回の台風10号は破壊的な風の強さが吹くといわれ、現在、非常食や防風対策グッズがスーパーやホームセンター、コンビニでも品薄状態となっています。
       では、いったい、今回予想される破壊的な「台風の風速70m/s」とは、どれだけの力なのか、計算をしてみましょう。

       一般的に「風圧」の計算には、「風圧(kgw/m^2)=0.05×風速(m/s)×風速(m/s)」が用いられます。成人の標準的な面積の大きさ(160〜170cm、体幅30cmを想定)は約0.5平方メートル(m^2)ですので、約120kgの重さ(約1200ニュートン)がかかることになります。車(普通車の側面積2.5平方メートルと計算)だと約610kgの重さ(約6000ニュートン)、標準的なサッシ窓(90cm×180cm=約1.6平方メートル)だと約390kgの重さ(約3800N)です。風だけでこれだけの力がかかるわけです。
       また、風速(m/s)を時速に直すには「時速(km/h)=3.6×風速(m/s)」で計算できます。風速70m/sは時速約250kmですので九州新幹線並みの速さとなり、舞い上がった小石や飛んできたトタン、瓦などがそれに近いスピードで窓に当たればひとたまりもありません。
       まさに、今回の台風は「破壊的な風の強さと表現されていることがわかります。まずは念には念を入れて、備えをしましょう。被害がなかったとしても「空振り」ではなく、野球や剣道の「素振り」として捉え、日ごろの防災力を高めていきましょう。

      「クスノキが出す化学物質はSOS信号なのか」が,9月1日発行の「生物の科学【遺伝】」に掲載

      0

         本校のSSH生物分野の研究「クスノキが出す化学物質はSOS信号なのか」が,9月1日発行の「生物の科学【遺伝】」に掲載されました。きっかっけは2018年全国SSH研究発表会でポスター賞を受賞したことによります。東大名誉教授の先生の心に留まったため、審査後、科学雑誌「遺伝」2020.Sep.No.5への寄稿の運びとなりました。スカウトしてくださった東大の先生から編集でもお世話になりました。クスノキが出す香りは、2017年から全面的に京大生態学研究センターの御好意により、ガスクロ分析しています。寄生バチの分類については,神戸大学及びその出身の方々,いのちと星の博物館、九大,佐大に、香り成分については熊大から,それぞれ全くの御厚意で御助言を頂きました。携わった生徒は写真のとおり,2017年に2人、2018年に3人です。掲載内容以降も研究は継続されています。2019年は3人、今年度は1人。今後も頑張っていこうと調査を始めています❗️

         

         

         


        「クスノキが出す化学物質はSOS信号なのか」が,9月1日発行の「生物の科学【遺伝】」に掲載

        0

           
           本校のSSH生物分野の研究「クスノキが出す化学物質はSOS信号なのか」が,9月1日発行の「生物の科学【遺伝】」に掲載されました。きっかっけは2018年全国SSH研究発表会でポスター賞を受賞したことによります。東大名誉教授の先生の心に留まったため、審査後、科学雑誌「遺伝」2020.Sep.No.5への寄稿の運びとなりました。スカウトしてくださった東大の先生から編集でもお世話になりました。クスノキが出す香りは、2017年から全面的に京大生態学研究センターの御好意により、ガスクロ分析しています。寄生バチの分類については,神戸大学及びその出身の方々,いのちと星の博物館、九大,佐大に、香り成分については熊大から,それぞれ全くの御厚意で御助言を頂きました。携わった生徒は写真のとおり,2017年に2人、2018年に3人です。掲載内容以降も研究は継続されています。2019年は3人、今年度は1人。今後も頑張っていこうと調査を始めています❗️

           

           

           


          SSH生徒理科研究発表会(全国大会)へオンラインで参加

          0

             

            8月28日(金)2年SS課題研究

            本校代表のSSコース高校2年生3人+SSコースメンバーが集合し本校代表発表を視聴しました。
            オンラインで表彰式を見ることができました。
            本校代表の発表は、生徒ポスター発表賞受賞!
            おめでとう!!!
            続いて、講評を聞きました。
            今後の取り組みへの教示を得ることができました。
            文部科学大臣表彰受賞研究も視聴しました。
            全国に点在するSSHの指定を受けた、高校の生徒たちが
            私たちと同じように探究活動に取り組んでいる事を身近に感じられました。
            また、SSHの全国大会のレベルの高さをみんなで見ることができました。
            いつもの年でしたら、みんなで神戸まで参加ということは難しいのですが
            今年はオンライン開催となり、全国大会をみんなで見ることができました。
            大会の様子は今夜まで公開されているため、帰宅後見ることができるように
            生徒達は端末で手順を確認しました。

            公開授業(探究型授業)・SSH成果発表会のご案内

            0

               熊本県立宇土中学校・宇土高等学校は、新学習指導要領・新入試に対応したカリキュラムをいち早く展開する中高一貫教育校として全国に広く知られるようになり、昨年も全国から多数の教育関係者に訪問いただきました。これもひとえに、日頃より本校の取組に対しましてご理解・ご支援をいただいてる同窓会の方々や地域の方々のおかげであり、この場を借りて厚く御礼を申し上げます。 さて、本校が取り組んでまいりました1年間の研究成果を 今週の1.29(水) 、30(木)の2日間にわたって発表します。29日は、探究の「問い」を創る授業『探究型授業』の公開授業(本校13:00受付)、30日は『ロジック・スーパープレゼンテーション』(宇土市民会館にて 8:40受付9:20-16:00)です。 今回も、スーパープレゼンでは、SSH事業の活動だけでなく、本校全体で取り組んできた内容をご報告いたします。関東研修や海外研修に加え、1年プレ課題研究発表、2年課題研究成果発表など本校生全員で取り組んできた内容を代表者が発表します。中学3年生が取り組んできた卒業論文、科学部の研究発表、高校3年生のパネルディスカッションも見どころの一つとなっております。昼休みの時間帯には全研究のポスターセッション(12:30 -13:30 )も実施します。ご家族の方、同窓会の方はもちろん、地域の方、中学校や塾関係者の方々などどなたでも自由に観覧できます。お気軽にお越しください。なお、29日の公開授業は、今年も県内だけでなく全国から教育関係者が来校されます。大変感謝申し上げます。 創立100周年(2020年)を迎える年になり、今後もSSHやGLPの取り組みを続けながら頑張って参ります。今後とも応援よろしくお願いいたします.

              第2回 くまだい研究フェア・ポスターセッション参加

              0

                令和2年1月11日(土)  2年SSコース3テーマ、7人が熊本大学工学部百周年記念館で開催された「第2回くまだい研究フェア」に参加してきました. 熊本大学を代表する世界トップレベルの研究者の研究に触れる機会に加え自身の研究を発表、アドバイスをうける貴重な時間となりました.

                「午睡環境とストレスの関係」のポスターセッションの様子

                「テオブロミンの簡易抽出方法の確立」ポスターセッションの様子

                「リボソームによる多能性幹細胞の創造」ポスターセッションの様子


                SSH未来体験学習(関東研修)「国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)」

                0

                  世界トップレベルの睡眠研究者が集まる国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)を訪問しました。

                  今年で7年目。宇土高校としての訪問は11回目となりました

                  ガイダンス・IIIS概要説明「なぜ眠るのか?なぜ眠る必要があるのか?」

                  IIISの掲げるミッションと実験医学・神経科学・創薬科学を融合した睡眠医科学について、

                  研究機構の全体像を紹介いただきました

                  講義「睡眠覚醒の謎に挑む」柳沢正史機構長

                  「脳のないクラゲも眠りが確認された」「睡眠不足による身体的・経済的損失」などトピックスから

                  「なぜ眠るのか?」「睡眠と覚醒の制御は?」「眠気の実体は何か?」この研究機構が挑む謎の数々まで。

                  ブラックボックスと称される睡眠・覚醒の謎がひとつひとつ紐解かれていく講義

                  記念撮影

                  ラウンジでの記念撮影。”Sleep!”を掛け声に笑顔の一枚(IIIS提供写真)

                  動物実験施設ツアー

                  「Nature」「Science」「Cell」など世界最高峰の科学誌に掲載された論文の実験動物を見学しました

                  「昼食・ウトウトタイム」

                  ラウンジで昼食後はいつものウトウトタイム( in IIIS ) 施設は睡眠に関する芸術作品が並ぶ学際的空間。

                  「IIISの研究者と話してみよう!」

                  今年度、着任された戸田先生からキャリアや海外での研究生活、研究内容など話を交わす時間をいただきました

                  海外で長く研究された経験から伝えられる日本の良さ、海外の良さ、示唆に富んだ話は生徒のキャリアに

                  大きなインパクトを与えるものでした。

                  IIIS研修「Sleep Science Challenge」の実施のきっかけをつくった宇土高校卒業生もかけつけてくれました

                   

                  IIIS研究室ツアー

                  フロアを数歩歩いただけで実験医学・神経科学・創薬科学を融合した睡眠医科学の実際に触れることができる

                  研究室ツアー。研究者・研究施設への興味・生徒から発せられる質問が止まりません。

                  薬の有力候補を探せ!創薬スクリーニング

                  眠気の正体がわかる!?IIIS自慢の実験装置

                  体長1mm、小さくても眠ります-線虫の睡眠

                  研究機構テラスでの記念撮影

                  「なぜ眠るのか?」「眠気の実体とは?」睡眠・覚醒の謎に挑む研究機関の想いに触れることができた一日。

                  この1日で学んだ様々なことから生徒たちの今後のキャリアがどのように展開されるか楽しみです。

                   
                   

                   
                   


                  関東研修3日目 熊本に帰って来ました。

                  0





                    大変有意義だった三日間の研修を終え、先ほど熊本空港に到着、これからバスで学校に向かいます。研修の最後は東京の日本科学未来館に立ち寄りました。そこで明日まで残ってJSEC 2019に参加する窪田くん、吉野くん、四海さんとはお別れしました。三人の健闘を祈ります。

                    関東研修3日目 ホテルを出発しました

                    0



                      関東研修もいよいよ最終日となりました。先ほど予定通りにホテルを出発しました。2日間お世話になった青木屋を出発して、これから東京へと向かいます。

                      | 1/107PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      profile

                      本サイト検索

                      (AND検索は半角スペースを挟む)
                      アクセス数(2016年度〜)
                      アクセスカウンター
                      アクセスカウンター
                      アクセスカウンター
                      ブランド買取紹介サイト***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      archives