高校一年生ロジックリサーチポスターセッション代表者発表会

0























    10月25日(金)高校一学年ではこれまで行ってきたロジックリサーチの集大成として、各クラスの代表による発表会を行いました。研究の領域は様々で、それぞれが興味を持った内容を論理的に思考し、実験や文献研究を行った成果を発表していました。

    ロジックプログラム供塀仭姐峙繊1

    0

      日本地球化学会

      九州大学大学院理学研究院地球惑星科学部門& 惑星微量有機化合物研究センター

      教授 奈良岡 浩 先生

      「地球環境の変化と生命活動」

      SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

      全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

      生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

      自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


      ロジックプログラム供塀仭姐峙繊2

      0

        日本分子生物学会

        広島大学大学院理学研究科附属両生類研究施設

        准教授 古野 伸明 先生

        「いかにして細胞が増えるのか?この研究が癌の解明につながった」

         

        SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

        全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

        生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

        自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


        ロジックプログラム供塀仭姐峙繊3

        0

          日本分子生物学会

          京都大学高等研究院物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)

          助教 本間 貴之  先生

          「分子レベルで生物の仕組みを知るって?」

          SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

          全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

          生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

          自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


          ロジックプログラム供塀仭姐峙繊4

          0

            熊本大学工学部機械数理工学科

            教授 城本 啓介  先生

            「「情報」の誤りを数学を使って訂正しよう!」

            SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

            全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

            生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

            自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


            ロジックプログラム供塀仭姐峙繊5

            0

              日本生理学会

              鹿児島大学大学院医歯学総合研究科

              講師 柏谷 英樹  先生

              「匂い誘発性鎮痛と脳内機構」

              SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

              全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

              生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

              自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


              ロジックプログラム供塀仭姐峙繊6

              0

                宮崎大学農学部植物生産環境科学科

                教授 圖師 一文 先生

                「おいしく食べて健康になれる農産物をつくる−トマトにストレスを与える?−」

                SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

                全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

                生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

                自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


                ロジックプログラム供塀仭姐峙繊7

                0

                  大分大学理工学部 

                  准教授 上見 憲弘 先生

                  「音声の不思議・声の仕組みとその福祉への応用」

                  SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

                  全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

                  生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

                  自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


                  ロジックプログラム供塀仭姐峙繊8

                  0

                    九州工業大学工学研究院 電気電子工学研究系

                    教授 竹澤 昌晃 先生

                    「世界最強! 日本磁石研究最前線−電気・ハイブリッド自動車実用化の切り札!−」

                    SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

                    全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

                    生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

                    自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


                    ロジックプログラム供塀仭姐峙繊9

                    0

                      福岡県立大学人間社会学部

                      准教授 井上  奈美子 先生

                      「女性管理職育成、働き方改革」

                      SSH教科「ロジック」で高校1年・2年対象にロジックプログラム供塀仭姐峙繊砲鮃圓い泙靴拭

                      全国各地から来校された講師が、それぞれの専門に関連した研究やその動向の紹介を交えながら話をされました。

                      生徒は15講座から自身の希望する講義を受講し、自分の進路の参考とする機会となりました。

                      自分の興味・関心が大学や専門機関等の学問や研究につながり、将来の展望を拓くこと、2年生はSS課題研究やGS課題研究の探究が深化すること、 1年生はプレ課題研究のテーマ設定の参考となることを期待しています


                      | 1/103PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      recent comment

                      profile

                      本サイト検索

                      (AND検索は半角スペースを挟む)
                      アクセス数(2016年度〜)
                      アクセスカウンター
                      アクセスカウンター
                      アクセスカウンター
                      ブランド買取紹介サイト***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      archives