探究の「問い」を創る授業・未来科学Lab「ポリペプチド」

0
    2月10日(土)2時間連続で生物実験に1年生が取り組みました。

    授業のはじめに提示される2つの探究の「問い」
    1.溶液A〜Eに含まれているアミノ酸をどのように同定するか?
    2.未知なるポリペプチドのアミノ酸配列をどのように特定するか?



    探究の「問い」がさらなる生徒の探究の「問い」を創り、
    グループ内でのディスカッションが止まず、休み時間を忘れてしまうほど白熱。

    途中で溶液A〜Eが未知なるポリペプチドを構成するアミノ酸であることに気が付き、
    ディスカッションはさらに過熱。グループを越えた意見交換も求められます。



    グループで答えを導き出した際、歓喜の声。
    同時に異なる解法があるのでは?とさらなる探究の「問い」に向かい始めていました。

    来年度、宇土校は探究の「問い」を創る授業に挑戦します。
    教員が、生徒が、創る探究の「問い」によって、より深い学びになることを期待しています

    【SSH】SSコース(1・2年)課題研究&プレ課題研究振り返り

    0
      課題研究成果発表会を1つの区切りとして研究を続けてきたSSコースの生徒が、自分たちの研究の振り返りとして2年生は「標準ルーブリック」、1年生は「評価観点」の作成に取り組みました。

      複数の研究テーマが集まり、班を作りディスカッションをしました。



      【SSH】〔御礼〕平成29年度熊本県立宇土中学校・宇土高等学校スーパーサイエンスハイスクール研究成果発表会

      0
        本日、スーパーサイエンスハイスクール5年間の集大成となる、成果発表会を宇土市民会館にて開催しました。
        多くの方々にお越しいただきました。ありがとうございました。
        様々な方々のご協力で宇土中高の探究活動は成り立っていることを再認識いたしました。

        本日の発表会は高校生だけでなく中学生も発表をしました。中には英語で発表する班もありました。それを同時通訳する生徒もいました。先生方も学校の取り組みをプレゼンテーションしました。ポスターセッションには高校1・2年生全員が挑みました。

        手探りで始まった5年前。
        思えばこの発表会を迎えるごとに、終えるごとに研究の内容は深まり、発表会の質も高まってきました。学会で発表したり、海外に研修に行ったり。宇土校SSHは広がりを見せてきました。
        先輩方の洗練されたプレゼンを見て、同級生の頑張りを見て、そして下級生のフレッシュなプレゼンを見て、自身の研究を高めようと努力する様子が随所で見られました。
        悔しい思い、歯がゆい思いをする時があったと思いますが、何より実験が好き、研究が好きという気持ちが皆を突き動かしているのは間違いないと思います。

        改めましていつも宇土校を応援していただきありがとうございます。これからも宇土校生の活動にご注目ください。

        【SSH】高校2年SSコース課題研究校内発表会

        0
          昨日に引き続き、今日は2年生SSコースが今年度より取り組んできた課題研究の校内発表会を行いました。 2年生はポスターセッションの経験は何度かありましたが、ほとんどの班がPowerPointを用いたプレゼンテーションは初めてでした。しかし、どの班も自分たちの研究を聞き手にわかりやすく伝えようと努力する様子が随所で見受けられました。 動画を用いたり、実物を見せたりなど様々な工夫が見られ、昨年のプレ課題研究よりも研究内容、プレゼンテーションの技術が共に格段に向上していました。
          投票で選ばれた班は来週1/25(木)に宇土市民会館で開催しますSSH成果発表会のステージでプレゼンを行います。

          【SSH】高校1年プレ課題研究校内発表会

          0
            1年生が昨年末より取り組んできたプレ課題研究の校内発表会を行いました。 3グループに分かれて発表を行いました。投票で選ばれた班は来週1/25(木)に宇土市民会館で開催しますSSH成果発表会のステージでプレゼンを行います。写真はSSコースの様子です。

            サイエンスキャッスル2017九州大会

            0

              水俣高校で行われたサイエンスキャッスル2017九州大会に本校よりSSHの研究班、5テーマ15人が参加してきました。
              この大会は若手研究者育成を目標とした日本最大級の中高生のための学会です。
              九州大会は「環境研究の育つ土壌づくり」のテーマのもと行われました。

              九州大会出展61テーマの中から【伝統的修復部材「ガンゼキ」の科学的考察】班が事前審査で12本の口頭発表に選出され、今日の発表で「熊本県次世代ベンチャー創出支援コンソーシアム賞」を受賞しました。
              伝統に科学で向き合い、環境のため、文化財のためにより良いものを創り出そうと試行錯誤する姿勢を評価していただきました。この研究は来年7月21日に行われる熊本県次世代ベンチャー創出支援コンソーシアムが主催する次世代ベンチャーコンテスト「熊本テックプラングランプリ」にて招待講演として研究発表をさせていただくことになりました。
              また、【軟骨魚類の解剖〜有明海で生きるアカシュモクザメ〜】班がポスター発表部門で優秀ポスター賞を受賞しました。






              今回の経験を糧にこれからの研究に取り組んで行きたいと思います。

              SSH未来体験学習(関東研修)3日目・熊本空港

              0
                img20171209_165043.jpg
                熊本空港に無事に到着しました。
                16:52熊本空港出発しました。
                宇土高校到着は18:00頃だと思われます。

                SSH未来体験学習(関東研修)3日目・科学未来館、羽田空港

                0
                  img20171209_142159.jpg
                  科学未来館では、それぞれ楽しい時間を過ごしたようでした。
                  羽田空港に無事に到着しました。

                  SSH未来体験学習(関東研修)3日目・科学未来館

                  0
                    12月9日(土)SSH未来体験学習(関東研修)
                    日本科学未来館で最後の研修を行いました。


                    会場はJSEC最終審査も行われており、
                    宇土高校科学部2年生・成松さん・小佐井さん・高田さん、
                    応援に駆けつけてくれた東大に進学した卒業生とも合流。

                    1年生にとって自分の未来がイメージできる
                    有意義な時間となりました

                    SSH未来体験学習(関東研修)2日目・研修報告「関東研修とプレ課題研究の意義」

                    0
                      12月8日(金)SSH未来体験学習(関東研修)
                      研修報告会で2日目の研修についてプレゼンテーションをします。
                      「自分のための報告」から「聞き手のためのプレゼンテーション」へチャレンジ
                      5分発表・質疑応答を行います。



                      福島くん・増田くん・山内くん・赤星くん・奥村くん・金山くん・中村くん・佐藤くん

                      | 1/87PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      recent comment

                      profile

                      search this site.

                      アクセス数(2016年度〜)
                      アクセスカウンター
                      アクセスカウンター
                      アクセスカウンター
                      ブランド買取紹介サイト***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      archives