科学部 MRI班 熊本中央病院

0
    img20180204_212355.jpg
    熊本中央病院さまと、熊本大学さまの協力で実施させていただいている高校生の観点から行うMRIを用いた実験

    本日は『温度がみえるのか』のテーマの実験を継続して行いました。温度が違うと、物質に関係なく同じような傾きで白黒の濃度が変化しているのでは?という仮説で進めています。もし、定量化できれば、体内の部位別の温度が捉えられ、癌発見やオートプシーイメージングなどにも活用出来るのでは?と考えています。

    この実験企画に参加していた生徒たちは、それぞれ大学へ進み、立派に科学者の道へと進んでいます。今日参加した生徒も、先輩から知識が伝承されています。

    連携して、四年目になります。いつも、休日に宇土高校の為にありがとうございます。

    【嬉しい知らせが届きました! 宇土高科学部「副実像の研究」が国際大会ISEFへ!】

    0
      宇土高校科学部物理班がこれまで継続研究として行ってきた「“副実像”の写像公式化の研究」が米国で開催される国際大会ISEF(Intel International Science and Engineering Fair)に派遣されることが決まりました。これは、先日開催されました「高校生科学技術チャレンジ(JSEC)」の最終審査会で、本校がグランプリの次点の特別協賛社賞(花王賞)を受賞しており、その後に開かれたISEF選考会で、入賞した11研究の中から6研究が選出され決定したものです。
      ISEF(Intel 社主催)は、世界75以上の国や地域から約1,700人の高校生(9〜12grade)が集まり、審査委員は約1,000人、賞金総額は約400万ドルという世界最大級の大会です。毎年5月にアメリカの都市で開催され、大会は審査だけでなく、参加者同志が交流する機会がたくさん用意されています。この大会に出場するには、国内の提携フェアJSEC(朝日新聞社主催)または日本学生科学賞(読売新聞社主催)で上位に入賞し、さらに選考される必要があります。今回はJSECから6研究、日本学生科学賞から6研究の計12研究が日本代表として出場します。
      *インテル国際学生科学技術フェア「Intel ISEF 2018」の派遣内容
      主催: インテル社 Society for Science and the Public
      開 催 地: 米国・ペンシルベニア州ピッツバーグ
      開催日程:2018年5月13日〜18日(現地時間)
      ※JSECチームは成田発着で日本時間5月13日(日)〜20日(日)の予定
      写真は朝日新聞(2017.12.23朝刊)に掲載されたもので、ISEFに出場する研究内容が紹介されました。
      image1.jpeg


      第61回日本学生科学賞中央表彰式(東京)で表彰! 宇土高校科学部・新テーマ「屈折率研究」

      0
        image1.jpeg
        12月24日、秋篠宮殿下、紀子妃殿下をお迎えして行われた第61回日本学生科学賞(日本科学未来館・東京)の中央表彰式において、宇土高科学部が表彰(入選2等)されました。
        この大会は科学部系部活動にとって国内で最も歴史と伝統を持つ名誉のある全国大会で、高校生だけでも毎年1500件以上の応募がある大きなコンクールです。今年度は、高校から各県の審査を通過した約150の研究からさらに40件が選出され、内閣総理大臣賞をはじめとする入賞(11研究)、入選1等(9研究)、入選2等(9研究)、入選3等(11研究)が授与されました。(ちなみに、物理分野の受賞は40研究中6研究で、本校物理班の研究は4番目でした!)
        科学部物理班の「屈折率の研究」は、今年度スタートした新規研究ですが、日本学生科学賞熊本県審査での最優秀表彰を受け、県代表として出品していたもので、この研究での全国表彰は初めてです。科学部物理班は、これまで「副実像の研究」で3度(入選2等;’ 11年、全日本科学教育振興委員会賞;’ 12年、入選3等;‘14年)受賞しています。また、地学分野と情報分野の研究を含めると宇土高校科学部が本表彰式で表彰されるのは学校創設以来、通算6度目になりました。
        ( 科学技術振興機構賞:『wikipediaビューワー』情報分野の研究(’ 12年), 内閣総理大臣賞:地学分野の研究('67年))


        【JSEC表彰式 特別協賛社賞を受賞! 】

        0
          「高校生科学技術チャレンジ(JSEC2017)」2日目の午後14時半から科学未来館のイノベーションホールで表彰式があり、宇土高校科学部物理班の副実像研究が、グランプリの次点の特別協賛社賞(花王賞)を受賞しました。

           ファイナルに残った30研究の中で、特に優れた研究に、グランドアワード賞(文部科学大臣賞・科学技術振興機構賞)、特別協賛社賞(花王賞)が送られました。この特別協賛社賞には副賞としてスタディーツアー(企業見学、研究発表等で交流する機会)も授与されました。おめでとうございます!
          image1.jpeg


          【JSEC高校生科学技術チャレンジ2日目】

          0
            長丁場の総合審査も終わり、2日間で総計300分のポスターセッション全てが終了しました。立ちっぱなし、喋りっぱなしのポスターセッション、JSEC2017ファイナリストとして参加していた高校2年成松さん、小佐井さん、高田さん、本当にお疲れ様でした。先輩の代からの副実像の研究を一度も途切らせることなく最後まで続け、しかも日本科学未来館という大舞台で発表できたことは、これからの皆さんにとってかけがえのない財産になったと思います!
            image1.jpeg


            【全国大会 JSEC高校生科学技術チャレンジが始まりました!】

            0
              image1.jpeg
              宇土高校科学部物理班がこれまで継続研究として行ってきた「“副実像”の写像公式化の研究」のテーマで「高校生科学技術チャレンジ(JSEC2017)」に参加しています。この大会は、全国から約150本の論文の応募があり、予備審査、1次審査を通過し、30本の研究が選ばれていて、今日12/9(土)が第1日目です。
              東京・科学未来館での大きな舞台ということもあって、ポスターを貼るときから高校生たちの緊張感がたくさん伝わってきます。本校のファイナリストは高校2年成松さん、小佐井さん、高田さんです。最終審査は15分の審査・質疑応答が繰り返され、2日間で総計300分のポスターセッションが行われます。
              空港では、森内先生から激励をいただきながら会場に向けて出発しましたが、大会会場のエントランス前には、関東研修を行なっている本校1年生69名がバスの発車ギリギリの時間にもかかわらず、整列して待っていてくれるというサプライズもありました。また、ポスター準備の時間には、科学部の先輩、関先輩(大学2年生)がブログを見て激励に駆けつけ、ポスター準備まで手伝ってくれました。たくさんの人達に応援されていることが肌で伝わってきました。本当にありがとうございます!
              審査中は、顧問も発表会場には入れないため、様子を伺い知ることができませんでした。生徒たちは、物理や工学、数学を専門とする審査員の質問にもしっかり対応できたようです。17:30までの長時間、お疲れ様でした。
              主催:朝日新聞社,テレビ朝日
              後援:内閣府、文部科学省、農林水産省、特許庁、日本科学技術振興財団、国立研究開発法人科学技術振興機構ほか


              宇土高科学部の副実像の研究が全国大会へ!

              0


                  宇土高校科学部物理班がこれまで継続研究として行ってきた「“副実像”の写像公式化の研究」が「高校生科学技術チャレンジ(JSEC)」の予備審査、1次審査を通過し、30本に選ばれました。この大会は初エントリー・初選出です。

                  最終審査会は、12月9日(土)、10日(日)に

                日本科学未来館(東京都江東区青海)にて開催されます。ポスター発表のプレゼンテーションの内容をもとに、各分野の専門家の専門審査委員と企業審査委員による総合審査が行われ、入賞すると文部科学大臣賞をはじめ、各賞が与えられます。また、上位入賞者の中から数人は、米国で開催される国際大会ISEF(Intel International Science and Engineering Fair)に派遣されます。


                 主催:朝日新聞社,テレビ朝日 

                 後援:内閣府、文部科学省、農林水産省、特許庁、日本科学技術振興財団、国立研究開発法人科学技術振興機構ほか


                県コンテストで宇土高校科学部が最優秀賞(1 位)と部会長賞を受賞。全国大会へ!!

                0

                    第68回熊本県高等学校生徒理科研究発表会(サイエンスコンテスト2017)が10月29日(日)、崇城大学薬学部キャンパスで行われ、宇土高校の科学部が3部門に4テーマ(物理1・化学1・生物2)を発表しました。
                   その結果、本校の発表が物理部門で「液体の屈折率の研究」が最優秀賞(1位)、化学部門で「MRIによる成分解析」が部会長賞、また、生物部門で「ニホンイシガメの現状と課題」が部会長賞を受賞しました。この受賞を受けて、屈折率の研究は2月11日、12日の九州大会(大分大会)、来年の全国総合文化祭自然科学部門(長野大会)への出場が決定しました。
                     屈折率の研究は、今年度から新規に始めた研究でしたが、着眼点や実験の手法、屈折率を求める関係式を成功させたことが高く評価されました。また、部会長賞をいただいた2つの研究は継続研究ながらデータの量と質が高く、今後の研究にも大きな期待が持てる内容となっていたことが評価につながりました。
                   全国大会に向けて、 生徒たちの挑戦はまだまだ続きそうです。科学部の皆さん、おめでとうございます!

                  *この大会は、歴史と伝統があり、県内の高校の多くの理科系部活動にとって1年の中で最も重要な大会です。物理・化学・生物・地学の4部門に分かれ、自分たちが研究している分野でその成果を発表するものです(15分口頭発表、5分の質疑応答)
                  image1.jpeg

                  MRI班 活動 10月8,9日

                  0
                    img20171010_221144.jpg
                    熊本中央病院、熊本大学との連携によって、民間医療現場のMRIを使用させて頂いての実験を行いました。

                    今回は、グルコース、フルクトース、スクロースの混合溶液や、KCl,乳酸カルシウム,NaCl溶液をそれぞれ1,5,10,15,20%溶液を作成しました。

                    今回は180本以上のサンプルとなりました。

                    温度差がMRIで見えるのかなどの実験を行いました。

                    体内の温度を測定できる基礎実験となれば、医療の現場で大きな意味があります。

                    大きな目標を抱きながら、仮説をたてて、検証して、考察する機会となるといいですね。

                    熊本大学の米田先生と熊本中央病院の堀野技師、豊成技師には、休日にもかかわらず、長時間お世話になりました。

                    また、新しく参加した一年生もたくさん質問したり、談話して有意義な一日となりました。

                    MRI班 活動 10月5日水曜日

                    0
                      img20171009_195721.jpg
                      科学部 化学班が進めているMRIの研究について実験前のサンプルの検討について
                      熊本大学大学院生命科学研究部 米田哲也准教授にアドバイスいただきました。

                      熊本大学との連携研究も四年目になりました。

                      昨年は、不安そうに先輩に付いてきていた二年生が米田先生に質の高い質問をして、よく考えていることが伝わりました。

                      成長を感じた一日でした。

                      | 1/6PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      recent comment

                      profile

                      search this site.

                      アクセス数(2016年度〜)
                      アクセスカウンター
                      アクセスカウンター
                      アクセスカウンター
                      ブランド買取紹介サイト***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      archives